楽しいショールームが話題の国分建設|設備を直に見れるメリット

婦人

古いからこその対策

模型を持つ人

使われている建材

安価で施工効率がよい建材が使われたローコスト住宅が、中古一戸建てとして茅ヶ崎エリアでも個人向けの不動産として紹介されています。新築の際、防カビ材や防蟻剤を塗布しますが、シックハウスの原因にもなるため、土台・基礎工法にこだわっています。例えば、地盤をコンクリートで固めるべた基礎工法は、床下を空気が通るためにカビや白蟻を寄せ付けない魅力があります。以前は、食害に弱い米ヅカなどの木材が中古一戸建ての対策不足の原因にも挙げられていましたが、現在、ヒノキやヒバが使用されています。健康面でも、天然素材のヒバ油や床下に対策用として珪砂を敷いている中古一戸建てが茅ヶ崎エリアでも紹介されています。結果、中古の見えない部分からの歪みや、健康を害さない住まいを手に入れることができています。

引っ越す前に工夫したい

現在、茅ヶ崎エリアにおいても、健康住宅への期待度が高まっています。幼児や高齢者、ペットとの暮らしでは、健康保持のためにも体調管理と同じくらいに、戸建てには様々な計画案が重要視されています。特に中古一戸建ては、家が既に建っている状態で購入して入居するため、土地の風を理解した上での窓をつくることが難しく、湿度に悩まない工夫も大事です。もちろん、24時間換気システムを導入する方法が策ですが、中古一戸建てを購入する意味合いにはローコストが関与するケースも茅ヶ崎エリアで見受けられています。この場合、第3種換気方式を取り入れることが策で、各居室の壁に取り付けた給気口から集めた空気を浴室やトイレなど、湿気がこもりやすい所へ送ることが可能です。空気の流れる経路には綿密な計算も必要で、給気口の位置が適切であるのか、地元の気候風土を熟知する施工者に相談することも得策です。