楽しいショールームが話題の国分建設|設備を直に見れるメリット

婦人

高い買い物となる家

女の人

インテリアにこだわる

埼玉在住の若者は、首都圏へのアクセス、都会を意識した都市計画による街並みからも埼玉近郊で新築を建てています。土地探しも比較的行いやすく、資金となる貯蓄率も高い傾向です。埼玉の地域によって、新築一戸建ての場合、物件価格の3%から7%程度の諸費用が必要となります。若い世帯主の場合、新しい家具が欲しくなったなどの出費があるケースも多く、1割用意するなど、しっかりした備えも行われています。意外と見落としがちなのがインテリア雑貨で、窓に配するカーテンもその1つです。新築では窓のデザイン性を重視するため、小窓からオーダーメイドでカーテンが必要となります。日差しや視線のコントロールにも必要となるため、オーダーメイドでは意外にも出費がかかりやすく、こうした計画性が引っ越した後の安心に繋がっています。

同居生活でのポイント

埼玉の世帯には、親子二世帯で新築を購入するケースも少なくはなく、住宅ローン控除についても新築ならではの気を付けたい点もあります。土地を共有名義とし、建物は親名義とする組み方も検討される場合があります。しかし、土地のみでは住宅ローン控除は受けられず、ポイントに置きたいのは、購入する際に建物の一部を子供の持ち分にしておくことです。知っておきたい情報でもあり、土地と合わせて組むことによって、トータルの残高に対する控除が受けられます。ふれあいと独立性を両立させて円満同居を計画するにも、両世帯でよく話し合うことも大事です。例えば、新築では上下分離タイプで自立したライフスタイルが満喫できます。玄関が2つ並んでいるのはよそよそしいと考え、間仕切りや扉など、内側に境を造るなど、スペースの分け方も考慮した購入や建設も資金同様に計画が大事です。